卒業生の窓

[普通科 芸能コース]卒業 嘉村 百花さん

[普通科 芸能コース]卒業 嘉村 百花さん
  • 卒業後は海外へ行き、
    私の声、歌を世界に広げていきたいです。

  • 嘉村 百花さん

[卒業後の進路]
日本経済大学 経営学科 経営学部 芸能マネジメントコース3年
[学科コース]
普通科 芸能コース 平成28年度卒業

芸能コースでは、 音楽の専門授業はもちろんですが、学校行事が沢山あり、その度に企画から演出、出演全てを自分達の手でやらせてもらえ、今まで出来なかった事や初めて挑戦することの大切さ、また自分の可能性を広げることが出来ました。 そのおかげで今、大学ではイベント企画や大学行事の代表などにも推薦してもらい、学校外でもイベントを任せてもらえるようにもなりました。
大変な事ばかりですが、それ以上に得られる喜びや達成感、新しい出会いは日々私に刺激を与えてくれています。 そして歌を学ぶためのNY留学も実現し、一歩ずつではありますが、夢実現へ近づいていけていることに喜びを感じています。
卒業後は海外へ行き、私の声、歌を世界に広げていきたいです。

私には幼い頃からの夢"世界で活躍するアーティストになりたい"という夢があります。その夢を叶えるために、芸能コースのある薬大付属に入学しましたが、実は特別歌が上手い訳でも、踊れるわけでもなく、始めは他の人達の才能を自分と比較しては落ち込み、前になかなか出れずに、ただ淡々と学生生活を送っていました。
でも地元佐賀を離れ、応援してくれている両親の為にも、自分の為にも、このままではだめだと思い、地域で行われるイベントの校内オーディションをダメ元で受けました。
すると、結果は条件付きの合格でしたが、今まで抱いていた不安や、殻に閉じこもっていたモノが消え、本番は緊張ながらも気持ちよく歌うことができました。
今でもその景色は鮮明に覚えています。
それからは、毎回のようにオーディションに受け続け、裏方の仕事も進んでやるようになりました。 色んな経験をさせてもらえるようなってからは、自信がつくようなり今まで以上にステージの上が大好きになりました。入学式当初は影に隠れていた私が、3年間の芸能コースでも経験で卒業式には式部代表として卒業証書をいただきました。

もうすぐ義務教育が終わり、自分が何をしたいか、何になりたいかと皆さんは悩む時期だと思います。 私も沢山悩みました。
でも、1番大切なことは5年後、10年後自分がどうなっていたいかを考え、決断する事から逃げるのをやめると、きっと答えは出てくると思います。
10代の可能性は無限です。
自分自身でその可能性を潰さないで下さい!!

私もまだまだ課題ばかりですが、一緒に頑張りましょう!